早世した天才画家・中原芳煙と中原家を知る

中原芳煙は、明治8年潮村(現:美郷町)に生まれ、数多くの優れた日本画を残しましたが、病に倒れ39歳の若さで亡くなりました。
芳煙が生まれ育った中原家は代々たたらの経営を行った家で、経済面で地域の中心的な役割を果たしてきました。
中原家と芳煙の関わりについて、研究成果を基に明らかにしていきます。

開催日時

平成29年1月28日(土) 14:00~16:00

場所

みさと館3階多目的室
(島根県邑智郡美郷町粕渕168)

参加費

無料(事前申込不要)

内容

1.講演
(1)中原家の業績について
演題「石見銀山御料と中原家」
講師 石見銀山資料館学芸員 藤原 雄高氏
(2)中原芳煙の生涯について
演題「遺品から読み解く中原芳煙」
講師 安来市加納美術館館長 神 英雄氏

2.パネルディスカッション
(1)テーマ「芳煙の生涯と中原家の歴史について」
司会 安来市加納美術館館長 神 英雄氏
パネリスト 講師 石見銀山資料館学芸員 藤原 雄高氏
美郷町教育委員会 三上 利三氏

◆開催中特別企画
中原芳煙作品の展示
・晩秋之群鹿
・虎図屏風
・鹿図屏風 他
(「晩秋之群鹿」は、このたび所蔵者が修復をされました。新たな魅力を感じることができるかもしれません。)

 中原芳煙おもて  中原芳煙うら

→ pdfファイル「イベントチラシ」をダウンロードする(PDF:1.4MB)

 

【主催】:美郷町教育委員会

(お問合せ)島根県邑智郡美郷町粕淵168
美郷町教育委員会 TEL0855-75-1217 FAX0855-75-1386