伝統芸能と光の祭典

伝統芸能と光の祭典

松尾山八幡宮の例大祭にあわせて、竹灯籠など3,000個の灯りと共に夜神楽を楽しめる「伝統芸能と光の祭典」。
この日のために竹灯籠を準備して夕方から灯りをともし、幻想的な光に囲まれながら見る夜神楽は大迫力です。幻想的な竹灯籠の灯りに癒されながら、年に一度の、都神楽団の神楽と幻想的な光の共演をぜひご堪能ください。 

出雲大社本殿の「心御柱」が松尾山八幡宮のある都賀の地より切り出されて奉納されていることが、出雲大社の過去の書物に記されています。都賀の地は、出雲大社と縁の深い土地柄です。

開催日

平成29年10月21日(土)  
※雨天の場合は、竹灯籠、神楽共に翌日(22日)に順延となります。

時間

午後5時30分 〜  竹灯籠 点灯
 〇点灯ボランティアさんを募集!
  ご協力いただけます方は、当日チャッカマン持参の上、会場にご集合下さい。

午後7時30分~ 奉納神楽
終了予定は午前12時30分前後

プログラム

1.神降し 2.戻り橋 3.悪狐伝 4.塵倫 5.八岐大蛇

出演はすべて都神楽団  ※プログラムは変更になる場合があります。

会場

松尾山八幡宮 邑智郡美郷町都賀本郷470
(JR三江線石見都賀駅から徒歩約10分の位置)
※今年はシャトルバスの運行はありません。

駐車場は、美郷町役場大和事務所      邑智郡美郷町都賀本郷163 徒歩約15分
     道の駅グリーンロード大和など。 邑智郡美郷町長藤248-2  徒歩約25分
     

 

入場料

無料(御花承ります。)

 

pdfファイル「イベントチラシ」をダウンロードする(PDF:3.4MB)

 

facebookイベントページはこちら

 

主催 : 伝統芸能と光の祭典実行委員会

  お問い合わせ先 :美郷町観光協会TEL0855-75-1330