• 天津神社 白鳳4年創立の古社で、貞観9年には「正一位本座大明神」の神号を授かりました。
    古来より石見三宮と称され、豊穣をもたらす神様として崇められています。
  • 松尾山八幡宮 出雲大社本殿中央の柱「心御柱(しんのみはしら)」は、当地より切り出されたと伝えられています。
    近年、10月の例祭では「伝統芸能と光の祭典」として数千本の竹灯籠の光の中で神楽が奉納されます。
  • 田立建埋根命神社(たたちたけまりねのみことじんじゃ) 延喜式内社。全国でも珍しい、建埋根命をお祀りしている。