印刷する閉じる

4月8日、15日、22日(土)ぶらり粕渕まちなか散策

参加申込みが必要です。「お申込み方法」をご覧ください。

みさと・みちくさ日和2017春 No.4

高低差のあるまち・粕渕にはふしぎがいっぱい!

粕渕は江の川の流れにより削りだされた台地の上にあるまちです。
江戸時代から明治時代にかけては、江の川の舟運と銀山街道が通っていたことにより、「人馬及貨物ノ交通頗ル頻繁ナリキ(粕淵村誌)」とも記されています。

そういった自然と人の営みを色濃く感じることができる、幕末に本陣として使われていた江川河畔の宿・亀遊亭や、鎌倉時代に開かれた浄土真宗の古刹、まちかどの小さな祠やお寺の羅漢さんなどを巡ります。

ぜひ三江線に乗ってお越しくださいませ。

ぶらり粕渕まちなか散策

プログラム名

(みさと・みちくさ日和2017春 No.4)
ぶらり粕渕まちなか散策

開催日時

2017年4月8日、15日、22日(土) 14:40~16:45

お好きな日にご参加ください。1名以上のお申込みがあれば実施します。

申込締切

それぞれ3日前の水曜日

参加費

1,000円(亀遊亭でのお茶代含む。高校生以下は500円)

定員

各日12名  (最少催行人数1名)ただし定員に達した時点で締切

集合場所

JR三江線粕淵駅(島根県邑智郡美郷町粕渕400-7)

三江線時刻

江津発12:34→粕淵着14:37

粕淵発17:00→三次着18:59、粕淵発17:12→江津着18:57

注意事項

●歩きやすい格好で。 
●少雨決行。 ●車でもお越しいただけます(粕淵駅駐車場あり)。

案内人

板垣正明 板垣 正明
2年前に転勤で松江から邑智郡にやってきました。まちあるきが好きなので、いろいろと探検してきた中で感じた粕渕の魅力を、みなさんと一緒に味わえたらいいなと思っています。

 
「みさと・みちくさ日和」共通お申込み方法

(1)ご希望のプログラム名(複数日で実施するものは、いずれかの「実施日」)
(2)参加者全員の「お名前(「漢字」および「かな」)」「住所」「性別」「年齢」
(3)代表者の「ご連絡先(「携帯(自宅)電話」「携帯電話」「Eメールアドレス」等)」

上記事項をEメール・FAX・TELのいずれかでお申込みください。

みさと・みちくさ日和2016申込み

 -注意事項ほか-

※各プログラムに記載した注意事項は、安全で円滑な実施のために必要です。必ずお守りいただき、ご不明な点はお問合せください。
※受付は先着順に行い、定員に達した時点で申込受付を締め切ります。
※締め切り後、キャンセル待ちを希望された方には、キャンセルが出た場合にご連絡します。
※受付後、やむなくキャンセルされる場合は、必ず日数に余裕をもってご連絡をお願いします。
※集合場所は事前にご確認のうえ、時間に余裕をもってお越しください。
※万一に備えて傷害共済に加入しておりますが、原則として補償額以上の補償責任は負いません。
※団体での参加をご希望の方は、プログラムによっては日を改めて実施を検討させていただきます。
※実施場所や近隣での迷惑行為があった場合など、ご参加をお断りする場合があります。
※当日撮影された写真・映像については、メディアやSNS、次年度の広告物に使用することがありますので予めご了承ください。露出不可な方は、当日お知らせください。 

みさと・みちくさ日和2017春

「みさと・みちくさ日和2017春」一覧はコチラ!

主催 : 美郷町観光協会   後援 : 美郷町